鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

HOn3(10.5mm) ブラックストーンモデルス D&RGW (デンバー・アンド・リオグランデ・ウェスタン鉄道)

f:id:narrow-gauge-shop:20170917130138j:plain
アメリカンナローの代表格、デンバー・アンド・リオグランデウェスタン鉄道 (D&RGW)。コロラド州デンバーから大陸横断鉄道の接続鉄道として使われ、ゴールドラッシュやシルバーラッシュに湧いたアメリカの輸送の大きな起点となった鉄道です。幹線鉄道としてアメリカの最も高いところを運行していたことでも有名で、コロラド州テネシー峠では高度3,000メートル以上の地点を越えるルートを通っていました。

写真は私が訪れたコロラド州のシルバートンで撮影した"K-36 Mikado 2-8-2"です。元々はサンホアン山地の鉱山への物資と人員の輸送、鉱石を運び出すためにデンバー・アンド・リオグランデウェスタン鉄道により建設された路線ですが、現在はデュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道として観光用の旅客輸送保存鉄道となっています。

HOn3 ブラックストーンモデルス D&RGW (デンバー・アンド・リオグランデウェスタン鉄道)

ブラックストーンモデルス (Blackstone Models)とは

f:id:narrow-gauge-shop:20161211143232j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170917132822j:plain

デンバー・アンド・リオグランデウェスタン鉄道の車両をHOn3スケールで模型化した製品を作っているメーカーです。蒸気機関車はもちろん、貨車やレール・台車なども扱っています。日本でも根強いファンがいらっしゃいますが、当店でもお客様より強いご要望をいただき取り扱いを始めました。

動力車はツナミのサウンドデコーダーを搭載しており、迫力のあるDCCサウンドをお楽しみいただけます。(私が現地で実際に乗った"K-36 Mikado"は、残念ながら予定日が幾度となく延期になり未発売です。)レールは道床付きのスナップ式レールが発売されていますが、PECOのフレキシブルレール(SL-1500 HOn3 10.5mm)を使うこともできます。

最近では新製品だけでなく、追加生産もお休み気味のブラックストーンモデルスですが、お探しの製品がありましたらお問い合わせ下さい。メーカーだけでなく欧米の小売店在庫も含めてお探しいたします。

HOn3 ブラックストーンモデルス 商品紹介

C-19 2-8-0 D&RGW #346 Flying Grande Post-Wreck 

f:id:narrow-gauge-shop:20161211150544j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20161211150557j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20161211150607j:plain

 全長:約190mm / 高さ:約40mm / 幅:約35mm 

DCCサウンド (Tsunami サウンドデコーダー搭載) / 初期アドレス:0346

High Side Gondola D&RGW #1258

f:id:narrow-gauge-shop:20170917141312j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170917141329j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170917141344j:plain

全長:約130mm / 高さ:約27mm / 幅:約30mm 

Open Platform Passenger Coach

f:id:narrow-gauge-shop:20170917141829j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170917141840j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170917141849j:plain

全長:約168mm / 高さ:約43mm / 幅:約30mm 

HOn3 レールセット
f:id:narrow-gauge-shop:20170917142155j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170917142233j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170917142206j:plain

ProTraxx Snap-Track System コード70

・直線レール:228mm 4本セット
・カーブレール:R448mm 4本セット

さいごに

私は生で本物のデンバー・アンド・リオグランデウェスタン鉄道の蒸気機関車を観に行きました。コロラド州は鉄道好きの聖地ともいわれるほど、現存するナローゲージが多く観光鉄道として乗車することができます。機関車だけでなく町並みや風景なども当時の面影を残しているところが多いので、西部開拓時代にタイムスリップしたような気分になれます。

この記事を最後まで読んでくださったあなたは、相当なアメリカンナロー好きの方だと思います。気軽に行ける場所ではありませんが、是非一度コロラド州への旅行を検討してみてはいかがでしょうか。鉄道模型にもより一層力が入ること請け合いです。

当ブログにはナロー乗車記だけでなく、現地でのレンタカーや宿の取り方、チケットの手配などをすべて記事にしていきます。以下の記事もあわせてご覧ください。

narrow-gauge-shop.hatenablog.com 

narrow-gauge-shop.hatenablog.com