鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

PECO Oゲージ フレキシブルレール ~平底レールと双頭レールの違い~

PECO Oゲージ フレキシブルレール ~平底レールと双頭レールの違い~

f:id:narrow-gauge-shop:20170731230533j:plain
PECOのOゲージのフレキシブルレールには平底レール(SL-700FB)と双頭レール(SL-700BH)の2種類があります。平底レールはフラットボトム、双頭レールはブルヘッドと呼ばれています。これはレールの断面の形状の違いですが、最近Oゲージ関連のご注文も増えて、どちらを選べばが良いのかというお問い合わせもいただくので、二つの違いを簡単に解説したいと思います。

※写真左が平底レール(フラットボトム)、右が双頭レール(ブルヘッド)です

レールの形状の種類

①平底レール(フラットボトム) →SL-700FB コード143
②双頭レール(ブルヘッド) →SL-700BH コード124
③牛頭レール
④溝付きレール
⑤橋型レール

今回のメインテーマは①と②ですが、③の牛頭レールは双頭レールを改良したものです。④の溝付きレールは路面電車に使われるもので、路面電車ということは埋め込まれて使われるためレールの断面を見ることはないと思います。⑤の橋型レールは底部から頭部にかけて同じ幅で垂直に上がっているのが特徴ですが、現在は使われていないそうです。

平底レール  (フラットボトム)

f:id:narrow-gauge-shop:20170731233120j:plain
日本も含めて最も普及しているレールです。"レール"といえばこの形状が思い浮かぶと思います。1800年代にアメリカの鉄道会社の社長が設計・開発したのが始まりのようです。"I型レール"と言われていますが、「I」よりも「T」を逆さまにしたような形なので、当時は"Tレール"と呼ばれていました。

安定しやすいように底部の形状が広くなっていて、強度が高く摩耗にも強いうえに横圧に対しても安定性が高いのが特徴です。また枕木への固定が簡単なのも世界的に普及した要因のひとつだと思います。

双頭レール (ブルヘッド)

f:id:narrow-gauge-shop:20170731234700j:plain
イギリスで考案された頭部と底部が同じ形をしたレールです。日本で最初に敷かれたレールはこの双頭レールです。双頭レールの特徴は頭部と底部が同じ形ということ。当時は製鉄技術もまだまだ未熟なうえに、原材料がなかなか供給されませんでした。そのためレールはとても高価なものだったので、頭部が摩耗してきたらひっくり返して今度は底部を頭部として使おうという目的で作られたそうです。

特殊な敷設方法

f:id:narrow-gauge-shop:20170731235751j:plain
断面を見てわかるとおりとても不安定な形状なので、直接枕木に固定することができませんでした。まず"チェアー"と呼ばれるレールを支える台座のようなものを枕木に固定し、チェアーとレールの間には木片をクサビにして挟み込んでレールを固定する手法でした。

画像でわかるようにPECOのフレキシブルレールでもそれが忠実に再現されています。

使われなくなっていった理由

"頭部が摩耗してきたらひっくり返して今度は底部を頭部として使おうという目的で作られた"と書きましたが、頭部が摩耗してきた頃には列車からの荷重でチェアーとレール底部の接触面もすり減って損傷してしまうため、結局ひっくり返して再利用ということができなかったとか・・・。

双頭レールで日本で最初に鉄道が敷かれたのが1872年ですが、その4年後には平底レールが採用されています。

ポイントレールの種類

PECOはイギリスのメーカーなので種類が多いのは双頭レールのポイントレールです。平底レールのポイントレールは中型ポイントの左右だけです。

まとめ

レールの歴史を振り返ってみると、おのずとどちらを使うか決まってくるのではないでしょうか。イギリスで考案され日本で最初に使われたレールは双頭レール(SL-700BH)、アメリカで考案されたのが平底レール(SL-700FB)です。走らせる車両がアメリカ型なのかイギリス型なのか、はたまた日本型なのか。時代設定によっても決まってくると思います。また双頭レール(SL-700BH)はコード124、平底レール(SL-700FB)はコード143なので走らせたい車両と相談する必要もあるかもしれません。