鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

PECOフレキシブルレールの切断方法 5つのコツ ~レールニッパーの使い方~

PECOフレキシブルレールの切断方法

f:id:narrow-gauge-shop:20170620150433j:plain

レール敷設についてまわるフレキシブルレールの切り方をまとめました。うまく切断するコツを教えてほしい、ジョイナーがスムーズに入らない、といったご質問をいただきますので簡単に記事にしたいと思います。

フレキシブルレールを切断してみる

使用する道具

f:id:narrow-gauge-shop:20170620150943j:plain

・XURON (ジューロン)のレールニッパー  (金ノコや糸鋸でも可)
・金ヤスリ
・フレキシブルレール
・マジック

カットしたいところにスミ付け

f:id:narrow-gauge-shop:20170620151644j:plain

マジックでカットしたいところに線を引きます。レール上部と側面にも直角に線を引いておきます。

枕木をカットしておく

f:id:narrow-gauge-shop:20170620151906j:plain

レールニッパーの刃はとても精密です。レール以外のものを切らないように事前に不要な枕木をカットしておきます。

レールの切断

f:id:narrow-gauge-shop:20170620152045j:plain

レールに対して必ずレールニッパーの刃を垂直に入れます。切断面が斜めになっているとジョイナーでつないだ時に隙間ができてしまいます。
また線が残るくらいのところでカットするのもポイントです。

f:id:narrow-gauge-shop:20170620152816j:plain

ダメな例

f:id:narrow-gauge-shop:20170620152621j:plain

ヤスリをかけて仕上げる

f:id:narrow-gauge-shop:20170620154018j:plain

線が残るくらいのところでカットしたら一度レイアウトに合わせてみて確認します。いきなりピッタリのところでカットしようとせず、気持ち長めに残してヤスリで仕上げた方が失敗のリスクが減ります。
ヤスリをかける時もレールニッパー同様垂直(もしくは並行)にやするようにしてください。

f:id:narrow-gauge-shop:20170620154058j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170620155605j:plain

ジョイナーでつないで完成

f:id:narrow-gauge-shop:20170620155656j:plainf:id:narrow-gauge-shop:20170620155932j:plain

 

よくある失敗例

切断面が潰れる

f:id:narrow-gauge-shop:20170620160850j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170620160904j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170620162455j:plain

ペンチや安物のニッパーで切断するとこのようになりやすいです。またレールニッパーを使っていても、下記画像のように刃の先の方だけで切ろうとすると潰れやすくなります。

f:id:narrow-gauge-shop:20170620161115j:plain

ジョイナーが入りづらい

f:id:narrow-gauge-shop:20170620161258j:plain

ジョイナーが入りづらい時はだいたいレール裏面が盛り上っていることが原因です。切断面が潰れてしまうと大抵裏面もこのような状態になっていることが多いです。こうなってしまったら裏面が平らになるようにやする必要があります。言い換えると切断面が潰れて先が尖ってしまい、更に裏面が盛り上ってしまってもヤスリで修正できますので焦らないことです。

f:id:narrow-gauge-shop:20170620163537j:plain

 

まとめ

道具はレールニッパーじゃなくても問題はありません。糸鋸などでカットしている方もたくさんいらっしゃいます。ただ作業効率を考えると専用のレールニッパーを買ってしまうのが一番良いと思います。ちなみに私はこの記事でご紹介した、XURON (ジューロン)のニッパー「#2175B」を愛用しています。

最後におさらいです。

・レールニッパーの刃は垂直に入れる
・レールニッパーでレール以外のものを切らない
・気持ち長めにカットしてからヤスリで仕上げる
・やすりをかける時は垂直(もしくは平行)にかける
・切断面が潰れてしまってもヤスリで修正できるので焦らない