鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペック、使い方も分かり易く説明しています。

PECO HOゲージ(OOゲージ) レールの比較 ~コード別の図解とフランジ許容値~

PECO HOゲージ(OOゲージ) フレキシブルレールの比較

HOゲージとOOゲージは縮尺は異なりますがレール幅は同じ16.5mmです。今回比較するのはSL-100(コード100)、SL-100F(コード75)、SL-8300(コード83)です。
コード別のレールの高さからフランジの許容値まで解説しています。

レールの比較 ~Nゲージ編~

 

narrow-gauge-shop.hatenablog.com

コード別の高さ

コード75・・・約1.9mm
コード83・・・約2.1mm
コード100・・・約2.54mm

数字で表してもいまいちピンとこないと思うので実際に比べてみましょう。

その①コード75とコード83を比べてみる

PECOのSL-100FSL-8300です。

f:id:narrow-gauge-shop:20170428144148j:plain

その②コード75とコード100を比べてみる

PECOのSL-100FSL-100です。

f:id:narrow-gauge-shop:20170428144727j:plain

その③コード83とコード100を比べてみる

PECOのSL-8300SL-100です。

f:id:narrow-gauge-shop:20170428144824j:plain

レールの高さだけじゃなくフランジも重要

車両を走らせるとなるとレールの高さ以外に車輪の”フランジ”も重要もなってきます。

フランジとは

車輪の縁にある出っ張りのことで、脱線を防ぐためのものです。
通常は車輪の内側にだけ設けられていますが、特殊な目的で使用される車輪には両側にフランジが付いていたり、どちらにも付いていない車両もあります。

f:id:narrow-gauge-shop:20170428151931j:plain
赤丸の部分がフランジです。大事なのは左側の車輪のところで示した部分です。
レールの内側は、車輪がレールに乗っている部分よりフランジの分だけ低くなります。コードの低いレールを使うと矢印で示した幅が狭くなる(低くなる)ので、車両によっては枕木にフランジが干渉する可能性があるので注意が必要です。

コード別の最大フランジ許容値

PECOでは”Maximum flange depth”と記載されています。フランジ部分がこの数字より深い車輪は干渉しますという意味です。
コード75・・・1.143mm
コード83・・・1.4mm
コード100・・・1.6mm
※PC枕木の場合は微妙に異なります。