鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

選択式(エレクトロフログ)と非選択式(インサルフログ)の3つの違いをPECOのポイントレールで解説

2018年1月20日加筆・修正

f:id:narrow-gauge-shop:20170408131531j:plain

選択式(エレクトロフログ)と非選択式(インサルフログ)の3つの違いをPECOのポイントレールで解説

選択式と非選択式の定義

「選択式ポイントレール」

選択式ポイントレールとは、レールが開通している側にしか通電しないポイントレールです。ポイントが開通しているレールの上の車両のみ動かすことができます。

「非選択式ポイントレール」

非選択式ポイントレールとは、ポイントの切り替えに関係なく全てのレールに通電するポイントレールです。

PECOのポイントレールはどちらも”選択式”?!

PECOのポイントレールには、"Insulfrog(インサルフログ)"と"Electrofrog(エレクトロフログ)"があります(ナローのポイントレールはElectrofrogのみ)。日本国内では、「Insulfrog(インサルフログ)」=「非選択式」、「Electrofrog(エレクトロフログ)」=「選択式」と呼んでいますが、どうも言葉だけが独り歩きしている感があります。PECOのカタログや「WIRING THE LAYOUT」にも掲載されている「Insulfrog(インサルフログ)」と「Electrofrog(エレクトロフログ)」の解説イラストを見てみましょう。

f:id:narrow-gauge-shop:20170407131658j:plain

いかがでしょうか。どちらもポイントが開通している側の車両しか動きません。「Insulfrog(インサルフログ)」=「非選択式」と呼ばれている製品も、本来の「非選択式」の定義とは異なります。つまりPECOのポイントレールに関してはどちらも「選択式」ということになります

「Insulfrog(インサルフログ)」と「Electrofrog(エレクトロフログ)」の違い

なぜ日本国内でそのような解釈になったのか経緯はわかりませんが、InsulfrogとElectrofrogの意味を考えてみます。

  • Insul = 絶縁された・絶縁・絶縁材
  • Electro = 電気・電気による・電気の

上のイラストにも記したように、違いはフログ部分が絶縁されているかどうかです。実際にPECOの製品を見比べてみましょう。

Insulfrog (インサルフログ)

f:id:narrow-gauge-shop:20170407144206j:plain

これはNゲージ用のSL-395(インサルフログ)です。赤丸のフログ部分が絶縁体なので、ここを車両が通過する時は無電状態になります。約11mmほどですが車輪の間隔が広い車両や、極端な低速で走行している場合は止まってしまうかもしれません。

Electrofrog(エレクトロフログ)

f:id:narrow-gauge-shop:20170407144740j:plain

こちらはSL-E395(エレクトロフログ)です。赤丸のフログ部分が導電体なので、フログとフログレールが一体になり通電されるため無電状態がなくなります。

PECOはふたつの異なる”選択式”

PECOのポイントレールは通電の仕方が異なる、ある意味でどちらも選択式だということがわかりました。ではどう違うのでしょうか。もう一度イラストを見てみましょう。

f:id:narrow-gauge-shop:20170407150544j:plain
Insulfrog(インサルフログ)はポイントが開通していない側のフログレールを”無電”にします。これはTOMIXやKATOと同様の方式です。

Electrofrog(エレクトロフログ)は開通していない側のフログレールを”同極性”にします。これは篠原模型方式です。

つまり、、、

  • PECO Insulfrog(インサルフログ)はTOMIXやKATO方式の”選択式”
  • PECO Electrofrog(エレクトロフログ)は篠原方式の”選択式”

と覚えておけばわかりやすいと思います。

PECOのInsulfrog(インサルフログ)を”非選択式”にする

ではPECOのInsulfrog(インサルフログ)を文字通り”非選択式”にするには、どうしたら良いのでしょうか。

f:id:narrow-gauge-shop:20170407153511j:plain
SL-395の裏側です。赤丸の配線部分をカットして①と③、②と④をジャンパーさせればポイントの切り替えに関係なく全てのレールに通電する”非選択式”になります。

Electrofrogを”非選択式”にはできるのか

Electrofrog(エレクトロフログ)を”非選択式”にすることもできます。が、フログ部分を切断しギャップを作ったり、PECOのPL-13などを使って極性反転させるなどちょっと手間がかかります。

「インサルフログ」と「エレクトロフログ」どちらを選ぶか

この質問もいただきますが、単純にどちらが良い悪いはありません。どんなレイアウトにしたいのか、使いたいレールのコードはいくつか、DCなのかDCCなのかなどなど。様々な要因で変わってきます。

例えばDCCで遊びたい場合は、一般的には”非選択式”が適していると言われています。これはDCCはレールへ常時給電が大原則だからです。PECOのNゲージ用のポイントレールにはコード80とコード55がありますが、見た目がより実感的なコード55のポイントレールはエレクトロフログがメインで、インサルフログはダブルスリップとシングルスリップと大型クロッシングの3種類のみです。つまりNゲージのレイアウトをPECOのコード55でDCC化したい場合は、上記で触れたようにちょっと手間と材料費がかかることになります。使い方によりどちらにもメリット・デメリットがあると思うので、ご自身のプランに合わせて使い分けてください。

 

まとめ

日本では「Insulfrog(インサルフログ)」=「非選択式」、「Electrofrog(エレクトロフログ)」=「選択式」という呼称が定着しているため、当店でも商品名にその旨明記しています。二種類の違いは、フログ部分がインサル(絶縁)かエレクトロ(電気)かということです。PECOのポイントレールはある意味どちらも”選択式”だということを念頭に置いて商品をお選びください。

この記事の内容は、大半が先達諸兄にご教示いただいたことをまとめたものです。日頃よりご指導を賜りありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。PECOの通電方式に関してはまだまだ序の口です。今後も少しづつ勉強して理解していきたいと思います。記事の内容に間違いなどがありましたら、コメント欄よりご教示いただければ幸いです。当方の拙いまとめではありますが、PECOポイントレール使用の一助となれば嬉しく思います。

あわせて読みたい記事

PECOに関する記事はすべて以下にまとめました。ゲージ毎のコード別比較、ポイントマシン(SL-10\SL-11ほか)の配線、フレキシブルレールの切り方のコツや配線なども図解しています。

PECOの関連記事一覧