鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

HOナロー レイアウトベース 篠原模型さんのフレキシブルレールとポイントレール

2017年10月2日修正

HOナロー レイアウトベース 篠原模型さんのフレキシブルレールとポイントレール

今日はレイアウトベースのご紹介です。と言っても新作というわけではなくお客様の要望に合わせた新しい販売方式です。ご紹介するレイアウトベースは今まで駅舎ストラクチャーとのセットで販売していたこちらです。

f:id:narrow-gauge-shop:20170208133845j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170531124535j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170531124552j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170531124614j:plain

※おかげさまでストラクチャーは完売しました。現在はストラクチャーなしの販売のみとなっています。

お客様のご要望に合わせて

お客様より"ストラクチャーのみの販売はしないのか"というお問合せと"アクリルケースは必ず付いてくるのか"というお声をいただき、もっと融通のきく販売はできないかと考えました。ストラクチャーだけ欲しい人もいればレイアウトベースだけ欲しい人もいらっしゃるかと思います。アクリルケースは欲しいけど、パワーパック付きじゃなくても良いという人も・・・。そこでストラクチャーとレイアウトベースは別々に販売し、アクリルケースやパワーパックは「オプション」という形にしてみました。基本はアクリルケースもパワーパックもなしとして、ご希望の方はご購入の際にオプションとして付けていただきます。こうすることで色々な方のニーズにお応えできるのではないかと思います。

HOナロー レイアウト 篠原模型さんのフレキシブルレール&ポイントレール

f:id:narrow-gauge-shop:20170531125058j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170531125117j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170531131240j:plain


ミニトレインズのグマインダーとレイアウトベース(篠原模型さんのフレキシブルレール仕様)

 

・A3サイズ HOn2-1/2 (9mm,1/80,コード60) 小型ナローパイク 篠原模型さん フレキシブルレール コード60 ポイントレール付き ¥14,000

<仕様>
・約450mm×300mm×55mm(コルクの縦寸法×幅x枠の高さ)
・レール:篠原模型さん HOn2-1/2 コード60 軌間9mm
・ポイントレール:篠原模型さん HOn2-1/2  R=200mm

・カブース・インダストリーズの手動転轍機
・約R100mm(最小半径)
・4mmベニヤ+2mmコルクを張り合わせ


現在こちらの商品は受注生産となっております。納期については事前にお問合せください。

オプション付き ~アクリルケース&パワーパック~

f:id:narrow-gauge-shop:20170208134819j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171002230324j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170531131256j:plain

アクリルケースは+¥7,000。パワーパックは有限会社コスミックさんの製品(CP-0505B)です。単三アルカリ電池8本で約10~50時間の走行が可能です。
電源スイッチはもちろん、前後進切り替えスイッチが付いて速度調節も可能です。スローも効くので実にいいかんじです。
※電池ボックスの位置にはお好みがあると思いますので固定はしないでおきます。
ビスや留め具などは同梱してお届けしますので、お好みの位置に取り付けてください。です。

篠原模型さん HOn2-1/2  ポイントレール (2017年8月22日 加筆)

f:id:narrow-gauge-shop:20170822183121j:plain

HOn2-1/2のポイントレールはR150とR200の2種類があります。当店のレイアウトベースには基本的にはR200を使用していますが、R150を使えばA3サイズより小さいレイアウトにもポイントを組み込むことができそうです。

R150とR200の比較

f:id:narrow-gauge-shop:20170822183715j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170822183741j:plain

直線部分はR150の方が22mmm短いです。2枚目の画像は角度の違いがわかるように重ねてみました。

PECO PL-39 ターミナルブロックの使い方

f:id:narrow-gauge-shop:20170701142122j:plain

当店のレイアウトベースにも使用しているPECOのターミナルブロック。簡単・確実に配線を接続できるので重宝しています。レイアウトベースは出荷時には配線をはずした状態でお届けしていますが、何度かお客様よりお問い合わせをいただいたので接続のやり方を解説したいと思います。

ステップ1 ネジを緩める

f:id:narrow-gauge-shop:20170701142827j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170701143103j:plain

ターミナルブロックを真上と真横から見た写真です。マイナスネジを緩めるとネジが上がっていって配線を差し込む隙間ができます。

f:id:narrow-gauge-shop:20170701143032j:plain

ステップ2 配線をネジで抑える

f:id:narrow-gauge-shop:20170701144154j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170701144400j:plain

配線を差し込んでネジを締めます。配線と中の金属部分をネジで密着させることによって通電する仕組みです。
赤黒のコードはレールからのフィーダー線という設定です。

ステップ3 パワーパック側も接続する

f:id:narrow-gauge-shop:20170701145015j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170701145137j:plain

コスミックさんのパワーパック側からは白と青の配線が出ていますので、同じようにターミナルブロックに差し込んでネジで留めてください。前進・後進切り替えスイッチを上に上げた場合に白が+、青が-になります。車両の走行方向が逆になる場合には、配線を逆にしてください。

配線完了

f:id:narrow-gauge-shop:20170701145300j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170701150713j:plain

パワーパック側のコネクターと電池ボックス側のコネクターを接続して、単三電池を入れれば遊ぶことができます。

 

篠原模型 レールの留め方

 

narrow-gauge-shop.hatenablog.com

レイアウトベース 走行動画


トーマモデルワークスさんとワールド工芸さんのポーターとレイアウトベース(A2サイズのポイントレール仕様)


A3サイズ HOe(9mm) 小型ナローパイク 自作レイアウトベース パワーパック アクリ ルケース付き 木枠塗装仕上げ コード60 篠原さんフレキ 道床仕様


ミニトレインズのグマインダーと新作レイアウトベース(ひょうたん型)