鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

Nゲージのフレキシブルレールを並べてみた ~PECO SL-300とSL-302~

2017年9月7日加筆・修正

f:id:narrow-gauge-shop:20170907143817j:plain

PECOのNゲージ用のフレキシブルレールは4種類あります。枕木の違いで2種類とコードの違いで2種類です。その中でもここではコード80の木枕木とPC枕木を比べてみたいと思います。初めてPECOを使うという方やインターネットの画像ではわかりづらいという方に少しでも参考になればと思います。

Nゲージのフレキシブルレールを並べてみた ~PECO SL-300とSL-302~

PECO Nゲージ用フレキシブルレールの種類

f:id:narrow-gauge-shop:20170907150400j:plain

  • SL-300 木枕木 コード80
  • SL-302 PC枕木 コード80
  • SL-300F 木枕木 コード55
  • SL-302F PC枕木 コード55

Nゲージ用なのでレール幅は全て9mm、PECOのレールは1本の長さが914mmあります。

コード(Code)とは

枕木の天面からレール天面までの高さを表す単位のことです。Nゲージ用のレールでは、コード40・55・65・70・80などがあります。数字が低いほど高さも低いということになります。

SL-300とSL-302の比較

f:id:narrow-gauge-shop:20170907152920j:plain

SL-300 木枕木

f:id:narrow-gauge-shop:20170907153334j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170907152949j:plain

  • レールの高さ 約2mm
  • 枕木の高さ 約2mm
  • 枕木の幅 約16.3mm
SL-302 PC枕木

f:id:narrow-gauge-shop:20170907153352j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170907153055j:plain

  • レールの高さ 約2mm
  • 枕木の高さ 約1.6mm (真ん中)
  • 枕木の幅 約16.7mm

まとめ

寸法の違いは誤差の範囲です。根本的に枕木の種類が違うのでレイアウトプランによって適した方を選べば良いと思います。コード80は実際の鉄道から考えると高すぎますが、初めてフレキシブルレールを使う方はまずはコード80からにしておいた方が良いと思います。別記事でコード80とコード55の比較もしていますので、興味がある方はそちらもご覧ください。