読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道模型のお店 ナローゲージショップブログ

商品の紹介や工作風景を、店長の弟がほぼ毎日更新しています。

「浴室内のコーキング打ち直し。」

リフォーム
スポンサーリンク

こんにちは。またまた店長弟のすぐるです。
本日2回目のブログ更新です。今度は「リフォーマーすぐる」バージョンです。
先程の記事で昨日は家業のお手伝いと書きましたがその様子を少し。

昨日は浴室内のコーキング(シーリング)の打ち直しでした。
コーキングとは浴槽と壁の隙間などを埋めているゴムのようなやつの事です。
時間が経過し劣化してきたのと、以前はご自身でやられたそうであまり綺麗に
できなかったからという事で依頼を頂きました。

まずは現状のコーキングを剥がすところからです。
作業前はこのような状態。

f:id:narrow-gauge-shop:20161029143432j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20161029143447j:plainf:id:narrow-gauge-shop:20161029143507j:plainf:id:narrow-gauge-shop:20161029143557j:plain
剥がし終わった状態がこちら。f:id:narrow-gauge-shop:20161029143852j:plain

剥がし終わったらコーキングを打つところをマスキングします。
この作業は鉄道模型の塗装にも通ずるものがあります。
コーキングはマスキング命なのでいつも以上に集中して丁寧にやります。
集中し過ぎて写真を撮り忘れてしまいました・・・。
マスキングが終わったらコーキングを打って、ヘラや指を使って余分なコーキングを
取り除きます。この作業も大変重要です。取り過ぎて下地が出てきてもダメ。
偉そうに言えばこのあたりは経験かと思います。
作業終了後の様子はこちら。

f:id:narrow-gauge-shop:20161029144807j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20161029144830j:plainf:id:narrow-gauge-shop:20161029144858j:plainf:id:narrow-gauge-shop:20161029144926j:plain
綺麗になりお客様も私も大満足です。
ちなみに水回りをコーキングする場合は必ず防カビ剤入りのものを使用しましょう。