鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

PECO ポイントマシン PL-10/10Eの使い方

2017年9月10日修正

f:id:narrow-gauge-shop:20170910115428j:plain

 当店でも人気のPECOのポイントマシン。大レイアウトにはかかせないものですよね。そこで本日は簡単にではありますがポイントマシンの使い方を解説したいと思います。PL-10の詳細記事とPL-11(サイドマウントタイプ)の使い方は別記事を参考にしてください。

narrow-gauge-shop.hatenablog.com

narrow-gauge-shop.hatenablog.com

PECO ポイントマシンの使い方 ~PL-10/PL-10E~

 準備するもの

f:id:narrow-gauge-shop:20170910115645j:plain

・PL-10 ポイントマシン or PL-10E ポイントマシン(長軸タイプ) 
PL-26W ポイントスイッチ(白) (ポイントスイッチは赤・白・黄・黒の4種類)
・PL-34 ポイントマシン配線 ( PL10シリーズ用) (2本入)
・ポイントレール
・PL-12X (ベース上で使用する場合)

配線全体図

 f:id:narrow-gauge-shop:20161015142015j:plain
PL-10とPL-26WをPL-34で配線しています。
PL-34は配線時にハンダが不要な専用ケーブルです。
PL-10に繋がる緑とPL-26Wの赤(中央)を電源に接続します。(AC16V)

ポイントスイッチのアップ

f:id:narrow-gauge-shop:20161015142207j:plain
PL-26は赤、白、黒、黄の4色あります。お好みで選択してください。

PL-10 ポイントマシンのアップ

f:id:narrow-gauge-shop:20161015142820j:plain

コルク(ベース)に取り付ける

f:id:narrow-gauge-shop:20161126150932j:plain

かぎ爪の部分とロッドの可動域に穴をあけます。

ポイントレールに取り付ける

f:id:narrow-gauge-shop:20161015142409j:plain

かぎ爪をポイントレールに、ロッドを穴にはめて動作を確認します。
写真ではPL-10を使用してますが、ボードの下から取り付ける場合にはPL-10E(長軸タイプ)が便利です。その際にはPL-9 (ポイントマシン取付板)も使用します。

ベース上で使用する場合には

f:id:narrow-gauge-shop:20161015141437j:plain

PL-10はロッドが短いので、PL-12X(アダプターベース)と併用してボード上での使用もおすすめです。
写真ではPL-34を使用していますが、逆向きにハンダで配線したほうがスッキリします。手前のパーツはポイントレールとマシンの間に距離がある場合に使用する拡張用アームです。