鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

PECOのスローアクションポイントマシン!スマートスイッチ(PLS-100)の概要

2018年1月20日加筆・修正

f:id:narrow-gauge-shop:20161002151758j:plain

PECOのスローアクションポイントマシン!スマートスイッチ(PLS-100)の概要

PECOのスマートスイッチシステムの特徴は、スローアクションでのポイント切り替えと、DCCシステムと相性が良い点が挙げられます。日本語の説明書はないの?というお声をいただいておりましたので、PECO公式の紹介動画とおおまかな解説を掲載します。使ってみたいけど・・・。と、二の足を踏んでいた方はぜひ参考にして下さい。

PLS-100のセット内容

  • スマートスイッチコントロールボード - システムの中枢部 
  • サーボプログラミングボード - サーボの動きとスピードをプログラム 
  • サーボ(x4) - 受金具とビス類、設置のためのテンプレート台紙が付属 
  • トグルスイッチ(x4) - サーボを操作(ポイントなどの切り替え) 
  • 1mケーブル(x4) - プラグイン&ソケット付き(かんたん接続) 
  • かんたんセットアップマニュアル(英文) 

かんたんセットアップマニュアル(英文) &紹介動画

かんたんセットアップマニュアル(英文) 

・スマートスイッチシリーズ紹介動画

www.youtube.com

かんたんセットアップマニュアル概要

f:id:narrow-gauge-shop:20161124170519j:plain

かんたんセットアップマニュアルの図を参考に、スマートスイッチコントロールボード(はんだ不要のネジ式ターミナルブロック)に接続します。 サーボの動きとスピードは、サーボプログラミングボードを使用してプログラムします。かんたんセットアップマニュアルには英文ですがわかりやすく図入りの説明が記載されています。

サーボモーターを使ったスローモーションな動作が可能!

スマートスイッチシステムでは、パワフルでコンパクトなサーボモーターを使用します。個々のサーボはプログラムにより、正確な動作と9段階のスピード調節を行うことができます。サーボを改造することも、PECOポイントレールのセンタースプリングを取り除く必要もなく、スローモーションで動作させることが可能です。

電源はDC12V、はんだ付けも不要!

スマートスイッチシステムはDC12Vの電源を供給すれば単独で動作します。サーボを作動させるためには同梱のトグルスイッチを使用します。(プッシュボタンスイッチに変更することも可能。13ページを参照)はんだ付けをしなくて済むように、トグルスイッチはターミナルコネクター(PL-31)が使える仕様になっています。

DCC化も可能!

スマートスイッチシステムはステーショナリーデコーダー(PLS-135)を併用することで、DCCコントローラーで操作することが可能になります。DCCデコーダーの電源はレールから供給することができます。デコーダー自体もかんたんにプログラム可能で、ほとんどのDCCコントローラーシステムと互換性があります。

フログ極性も自動変換!LEDでルートやポイント状態もわかりやすい!

スマートスイッチシステムでエレクトロフログ(選択式)のポイントレールを操作する場合、スマートフログ(PLS-130)を各ポイントレールに追加することで、トングレールが切り替わるときにフログの極性を自動的に変換することができます。 スマートスイッチコントロールボードかスマートフログにLEDx2を追加することで、各々のサーボの状態を直接表示することが可能になります。 二つのシグナル表示でルートもポイント状態もわかりやすく表示されるコントロールパネルが作製可能です。

拡張も可能!

スマートスイッチコントロールボード(PLS-120)1つで、サーボ(PLS-125)を4つまで操作できます。レイアウトのサイズに合わせてスマートスイッチコントロールボード(PLS-120)とサーボ(PLS-125)を追加することでシステムを拡張可能です。 スマートスイッチコントロールボード(PLS-120)1つ毎にそれぞれDC12Vの電源供給が必要です。

スマートスイッチシリーズ

f:id:narrow-gauge-shop:20161124170536j:plain

  • PECO PLS-120 スマートスイッチコントロールボード
    →PLS-100の拡張用、サーボを1~4ヶ追加可能
  • PECO PLS-125 シングルサーボモーター
    →PLS-100の拡張用サーボ(x1)、拡張にはPLS-120が必要
  • PECO PLS-130 スマートフログ
    →選択式(エレクトロフログ)ポイントレールのフログ極性を自動的に変換
  • PECO PLS-135 ステーショナリーデコーダー
    →スマートスイッチシステム(PLS-100)をDCC化(トグルスイッチ不要)
  • PECO PLS-140 PLS-120⇔PLS-125 拡張ケーブル (1m)
    →コントロールボードとサーボを繋ぐ拡張ケーブル(x1)

リコール情報について

以前、当ブログでも掲載しましたがPECOよりリコールの情報がありました。
リコール対象のバージョンは「5(V5)」です。青いケース正面に黒字で【SmartFrog V5】と印字があります。
個人輸入で購入されてお手元にある場合など、お困りでしたら当店にご相談ください。そのほかにも何かご不安な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。