読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品の使い方、スペックなどもご紹介しています。

篠原模型 HOナロー用フレキシブルレール 固定の仕方とPECOとの違い

こんにちは。「店長弟」改め「すぐる」でございます。

本日はフレキシブルレールのお話です。ベテランモデラーの方はご存知の話ばかりなので読み飛ばしてください。

レイアウト制作においてレールは必要不可欠なものですが、レールと言っても色々なタイプがありますよね。当店ではPECOのフレキシブルレールをメインで取り扱っていますが、マイクロエンジニアリングの引き抜きレールなども揃えております。

フレキシブルレールの中でもメーカーによってそれぞれ違いがあります。枕木の太さや色、曲げた時の反発力などなど。またレールの固定の仕方も変わってきます。PECOのフレキシブルレールは、枕木の中央にピンバイスで穴をあけてレール固定ピンで固定すれば良いのですが、日本のメーカーである篠原模型さんのフレキシブルレールは、枕木の左右に1本ずつ固定ピンを打ち込まないと、きついカーブではレールが枕木からはずれてしまいます。その為、篠原模型さんのフレキシブルレールには固定ピン用の穴が枕木にあいています。

f:id:narrow-gauge-shop:20161008161818j:plain
わかりますでしょうか?真ん中あたりの枕木の左右に穴が空いております。初めて使った時はこの穴に気づかずに真ん中1本だけでやっていて手こずりました。ただこの穴は12,3本間隔くらいなので、穴を空け足す必要はあるかと思います。初めて使われる方は固定の仕方に注意してください。ちなみに当店では取り扱いはございませんが、店長が大変気に入っておりレイアウトベースなどには使用させて頂いております。

f:id:narrow-gauge-shop:20161008162643j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20161008162735j:plain