鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日・熱帯夜の違い。

夏日・真夏日猛暑日酷暑日・熱帯夜の違い

こんにちは。店長弟です。

昨日のブログは「熱中症と日射病と熱射病の違い」についての記事だったのですが、文章中でこんがらがって意味のわからない記事になっていました。そもそもタイトルからして「熱中症」が2回出てきています。

スットコドッコイを発揮してしまい申し訳ございませんでした。ブログ書きながら熱中症になっていたのかもしれないです。

さて本日は「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」と「酷暑日」と「熱帯夜」の違いについて。

夏日・・・・最高気温が25℃以上の日。

真夏日・・・最高気温が30℃以上の日。

猛暑日・・・最高気温が35℃以上の日。

熱帯夜・・・夜間の最低気温が25℃以上の日。

ここまではみなさんもよくご存知かもしれません。

しかしここからが店長弟のトリビアの泉です。最近になってよく「酷暑日」という表現も耳にしますが、酷暑日」も35℃以上の日の事を表します。しかしこれは正式な予報用語ではないのです。

昔は35℃を超える日はそうそうなく、正式な予報用語が存在しませんでした。マスコミなどで「酷暑日」と表現され浸透されましたが、35℃以上の日も増え始めたことから2007年の4月1日に予報用語を改正し35℃以上の日を「猛暑日」としたらしいです。

ちなみに、夜間の最低気温が20℃以上の日の事を「真夏夜」というらしいです。しかし、夜間の最低気温が20℃以上というのは特別なことではなくなったため使われなくなったとか。

さらに夜間の最低気温が30℃以上の日の事を「超熱帯夜」というらしいですが、こちらも正式な予報用語ではないそうです。(確かに「超熱帯夜」なんて聞いた事ありませんよね。それに「超」って・・・。)

いかがでしたでしょうか?店長弟のトリビアの泉。途中から「へぇ~」って思いませんでしたか?また何かネタを見つけたら記事にしたいと思います。