鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

熱中症・日射病・熱中症の違いとは。

熱中症・日射病・熱中症の違いとは。

こんにちは。店長弟です。

今日も十分暑いですが昨日に比べると全然違います。やはり体温以上になるとちょっと次元が変わるのですかね。

私が子供の頃は30℃にいけば「夏」という感じでしたが、近年では30℃くらいではわりと涼しい感じになっていますよね。

ちなみに今は「熱中症」という言葉が当たり前のように使われておりますが、一昔前までは「日射病」とか「熱射病」と言われていたと思います。

ではその違いは何か。気になりますよね?いや、せっかく調べたので気になってください。

「日射病」は強い直射日光に長時間当たることで発生する病気。

熱中症」は屋内・屋外を問わず、高温多湿な環境下に長時間いたり、作業をした時に起こる病気。

熱中症」というのはこれらの高温や多湿の環境下で起こる身体の障害の総称。

だそうです。

高温や多湿の環境下で起こる身体の障害というのは他にも「熱失神」や「熱けいれん」、「熱疲労」と呼ばれるものがあるそうです。色々ありますが直射日光になるべく当たらないようにする事と発汗による脱水と塩分・ミネラル不足を防ぐ事が大切になりますのでみなさんもくれぐれもお気をつけください。