鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

小型バイク

先日、府中の運転免許試験場に行ってきました。

免許の更新じゃありません。
違反をしたわけでもありません。
店長は「バイク免許」の試験を受けてきたのです!!

バイク免許と言っても"小型限定"です。
125cc未満の小さなバイクにしか乗ることができません。
でも大きなバイクだと足が届かないのでひとまず十分です。
店長はいつか大きなバイクに乗ってみたいとずっと思っていました。
今回はその小さな一歩です。とうとう踏み出しちゃいました。

店長が人生で影響を受けたカッコイイ先輩たちの多くが単車乗りです。
今でも現役で大きなバイクを"転がして"いるお兄さんたちがいます。
十代の頃にお世話になった先輩には"Z"であちこち連れて行ってもらいました。
法律を勉強するきっかけをくれた職場の先輩もずっと"Z"を乗り継いでいます。
店長になるきっかけは、"Z"乗りのお兄さんとの出会いが影響しています。

そんなこんなで、特にKAWASAKIの"Z"には強烈な憧れがあります。
ほかにはKAWASAKIの2サイクル"3気筒"やHONDAの"CB"も大好きです。
店長が夢見るバイクは、70年代から80年代にかけて生産された旧車種なのです。
理想は"750cc"に乗りたいのですが、現実問題として足が届きません。
"Z125FX"とか"125RS-Z2A"が店長用に欲しいところです。

店長は小さい原付(50cc)に乗ってプイーンと出掛けます。
近所へのお届けだったり、ビラまきだったり、お遣いだったりです。
ちょうど3年前に知人からいただいた原付です。
当時ナローゲージショップ開店前だったこともあり車を手放した矢先でした。

するといろいろ火が付いてしまったのです。
風を切って気持ちよく走りますが、原付は"30km/h"までしか出せません。
夏には山間のキャンプ場にも行きましたがこの低速は逆に危ないです。
山道では自転車の方が速いくらいです。

バイクは冷静に考えるとワイルドでおっかない乗り物です。
ルールを守っていても、車に突っ込まれたらひとたまりもありません。
後進もできないし、走っていないとすぐに倒れてしまう不安定さです。
でも店長は、そんな男らしい乗り物にずっと思いを寄せていました。

というわけで今回の免許取得となりました。
まずは安全第一で、しっかりとバイクを勉強したいと思います。
どんなバイクを買ってどこに行こうか、毎日ドキドキ過ごしています。

~追記~
練習代が2,200円で試験代や免許の交付手数料で6,650円、あわせて8,850円。
講習代10,800円とあわせると【合計 19,650円】で免許を取得できた計算です。
これだけでちょっと遠出ができるようになります。ワクワクが止まりません。
※普通免許所持の場合です